丹後ウルトラマラソン

4時を過ぎたあたりからスタートゲートに人が集まる。小粒の雨がぽつぽつ。セレモニーの開始は4時20分。ゲストは日テレ24時間マラソンの坂本雄二さん。有名ゲストが出ない大会のレギュラーゲスト(ごめんなさい)。
今日の天気予報は明け方50%ですが…と話し始めるが、もう降ってますが(^^;
ただこのくらいの雨なら、気温が下がって走りやすいのも事実。
なんだかんだでスタート。
まだ空は暗く、夜の明ける気配は無い。一回目の七竜峠を越える。
はじまったばかり、まだ足は軽い。
10kmを過ぎたあたり、花火を上げるような音。それにしてはちょっと季節外れ、雨だって降ってるし。イノシシ狩りの銃声かな、と想像してみるが定かではない。この音は引き返して戻ってきた30kmあたりでも聞こえた。雨はたまにやんだり、強くなったり。
2回目の七竜峠。これが結構きつい。通ってきたはずの道なのに。
ま、方向はちがうけど。
何とかクリア。海岸線を走り、つづいて「あじわいの里」。ここは奥にエイドがあり、すでにそこを通った人とすれ違う。エイドまでは結構な坂があるため、此処は勘弁してもらえませんかと、ボランティアの人に言ったら、断られる(^^;
55kmを過ぎて、ボスキャラ「碇高原」登場。
この坂、前回は暑さにも負けて、この先15kmをほぼ歩きっぱなし。
ただ今回は暑くない。歩かないと決める。
視線を2m先の地面に固定し、顔を上げない。ただひたすら目の前の距離を繰り返す。雨はこのあたりから本降り。景気良く吹き付ける。気にしない。まず2m。次に1km。そしてエイドを目指す。
やがてクリア。70km到達。至福の10km下りっぱなし。
そして海岸線。海岸線とはいえ、かなりの起伏。ボスキャラが終わったら後はゴールまで、単純なエンドストーリーだと油断してた前回は驚かされたが、今回は知っている。油断しない。
冷たい雨に立ち向かう体温が熱い。
ラスト4kmに表示。スパートをかける。5kmでかけなかったのは、疲れてたんだもん。最後の1kmは4分台に届いたかな。
今回は珍しく、途中でやめたいとは思わずー歩きたいとは思ったけどーゴール。
去年ほど暑くなかったおかげで、体への負担も意外と少ない。
エイドでもたくさん食べましたとさ。
おうどんでしょ、バラ寿司でしょ、特製パン、つみれ汁、お汁粉まで戴きました。あとは梨。美味しかったです。
このレースのエイドへの不満は「きのこの山」がない事だけ(^^)

記録:11:30:26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA