第2回やまぐち萩往還マラニック100

萩往還道は瀬戸内海側防府と日本海側萩を結ぶ街道として江戸時代に開かれた。この街道を使って長らく開催されていたのが萩往還マラニック。最長250kmを走る大会がかつてあったが2018年第30回を最後に、運営上の理由で終了した。
昨年度、スタート地点や最長距離が100kmとなって新たに開かれることとなり、今年は第2回。ただこの大会、すでにマラニック(マラソン+ピクニックの造語)の域に収まらず、制限時間が非常に厳しい。昨年完走率が悪すぎて今年は1時間長め16時間に設定されることとなったが、それでも最終的に完走率は50%程度だったようだ。

スタート後まず20km先の防府天満宮を目指して引き返し。ほぼフルマラソン終了後、山道主体のトレイルを30kmで萩に到着。再度引き返して終了となる。
ということで、参加者約200名はスタート時間3時半より20名1分間隔でウェーブスタート。
ぼくは相方と一緒に2組目スタート。最初からマジ走り。
5分代後半から6分代前半で。
普段、グダグダ走るだけなので、きっつい😓

4時間半でお参り込みフルマラソン終了。
お天気は曇りがちから時折日差しが強まる程度。
なんとか耐えられる。
山へ。舗装路の急坂を3kmほど走ってから往還道に入るわけだが、ここで相方にトラブル。
足攣りが続け様に両脚。もう脚の筋肉がボコボコで見るからに辛そう。
相方はこの後何度も足攣りにおそわれ、その間は動けなくなる。
ただ前半のフルマラソン部分で30分ほど余裕ができているので、焦らず騒がず走れるところだけを走る。
相方が事前に用意してくれていたタイムシートが秀逸。
通常のタイムより少し遅めに設定して、拠点ごとの通過時間を記載してある。ただ、このシートに従うと…
ゴール時間を6分オーバーする。
シート設定値よりできるだけ早めに到着するようにする。
淡々と走れるところを走る。
往還道の石畳。昨日降った雨のせいか、苔でずるずる。


思わず石につかまりぶら下がるくらい。ここは帰りが怖いぞう。
先を急ぐ、
難所、一升谷。かなりの急坂で、下から登ると頂上に到達する頃には一升の炒り豆を食べてしまったと言う逸話の場所。
往路はここを下る。下りは走らないと間に合わない。ステップを踏みながら下る。
枯葉を踏んだつもりがその下に大きな穴。盛大に転ぶ。


これ酷くない?

ただ結構うまく転べたので、被害は手のひらと膝に擦り傷。それからタイツに穴。C3Fitのこのタイツは結構高い。
とりあえず、怖いので後から見ることにして、この場は走る。
山越え終了。
後から見たらこんな感じ。


萩往還道を抜け、梅林公園で引き返し。
今度は一升谷を登り返したところで、エイド。
時間が気になる。残すとこあと4.5時間。
エイドの人、「あと20km」


坂を降り体感2kmも走った頃、パトロールのお兄さんが車を止めて、声援。
「頑張れ、後20km」
おい、ちょっと待て😓
さらに走って大エイド。時刻は3時半。どこかで次のエイドまであと3.5kmって見た。
到着。
エイドのお兄さん。「あと、18.5km 走れば間に合う」
どうしてみんな、そう勝手な数字いうかな。

最後のダラダラ坂。ここで相方よく頑張った。出来る限り走る。
残り約11kmのエイドに2時間強残して到着。
ようやくこれで先が見えた気がする。
心配だった往還道石畳の苔、日中の日差しで乾いたかさほど滑らない。
下り激走。

往還道を抜けダムを越える。


以前の萩往還マラニックを知っている人なら、懐かしさで涙が出そうな当時のゴール、瑠璃光寺の前を通って、隣町湯田温泉のゴールへ。

制限時間に20分残してゴール。
はい。お疲れ様でした。

SUUNTOさんの報告によると
歩数:124,218
消費カロリー:12,537kcal

恒例 経路動画

18 COMMENTS

よはねす

ぴゃー、艱難乗り越えゴールおめでとうございます!タイツというよりスキニーパンツぐらいの生地に見えますが、このおかげで擦りむきかたも軽くて済んだに違いない。相方さんも、お疲れ様でした。
そしてBGMがマラニックの「マラ」が抜けて、まるでただのピクニックかのような楽し気で。皮肉か。

返信する
nekomaru0205

コンプレッションタイツって言うんですけど、着圧がかなりきつくて、脹脛や膝周りを固定してくれるのでとても助かっています。膝が弱いぼくには欠かせないもの。ただねー、高いんだよ😞
ウルトラマラソンの類いは、終わったら楽しかったって気分しか残らないからあんな感じのBGM😁

返信する
nekomaru0205

ありがと😁
マラニックって言葉はなんか違和感があってぼくはつかわないんだけどね。
マラソンって元々地名なんだから半分に切らないであげてよーって感じ。

返信する
との

完走おめでとうございます。
高価なタイツが悲惨なことになりましたね。私が5月に出た「赤間関街道マラニック」でも夜間にここを通るのですが、排水用に切ってある溝に足を入れてしまって転倒。その時に強打した左の足の親指が、そろそろ脱皮の準備をはじめています😂

返信する
nekomaru0205

ありがとうございます。との様がでた昨年の15時間だと間に合わないペースでした。
今回転んだのは一升谷だから赤間では通らないかな。でもあっちはもっと道が荒れてるし、夜間だしでたいへんですよね。親指の復活良かったです。

返信する
samako

萩往還100お疲れ様でした!
あんなにツラかったのに要所要所でいい写真をしっかり撮っているね〜。さすがにゃ
大会の様子もわかりやすいし、
やっぱりにゃん様サイコーだにゃ。

落ち着いて考えると
自分が足攣りで痛い時には大騒ぎして時間使って、にゃん様がケガしたときには、大丈夫?じゃ行く?みたいな感じだったかも、本当はもっと休みたかったでしょ。
ごめんね。

タイムシート褒めてくれてどうもありがとう。YouTubeやGoogleMapや大会地図やらを何度も何度も確認して作ったのでお役に立てて何よりも嬉しいです。

3D感動です🥺
軽快な音楽もいいね♪
ツラかったのもう忘れちゃったよ😊

返信する
nekomaru0205

お疲れ。
まー来年は、津軽がどうなるかで考えてもいいかなって気分になるって程度には復活してきたかな😁
写真はねー、一升谷の穴を除けば、samakoさんが苦しんでる間の時間潰しだよー。
なんて非人情な😅
改めて見ても、あのタイムシート凄いよ。
梅園折返しから佐々波までの間は結構焦っていたのだけど、その辺の時間まで考慮されてる。
すごい,すごい。
足攣りは大変だよねー。色々HPとか見てもなんかピンとくる原因がない。涼しくなってきたら大丈夫になったこと考えるとやっぱり発汗なのかなあ。ミネラルが流出しやすい体質?小魚と大豆を普段から食べるようにしよう。

返信する
samako

小魚と大豆かぁ

納豆は毎朝食べるけど小魚は食べないなぁ
よくあるおつまみ系の
小魚とピーナッツが入ったものでもいいだろうか。
とにかくなんでも試してみなくてはね

調べてくれてどうもありがとう

返信する
nekomaru0205

あとは、サウナと長風呂?
嘘。これは流れ出すほうだからあんまり関係ないかな。
やっぱり体質改善は食生活から、だな。
偏食のぼくから言われるのも変な話だけど。
納豆なんて大嫌い。そうか、納豆のせいかも🤣

返信する
ありちゃん

完走おめでとうございます。
そしてお疲れ様でした。
c3-fitのタイツ、ショックですよね・・・
CW-Xはワコール本社に送ると修理してくれる(修理可能の場合)けれど、c3-fitはやってないのでしょうか?
修理って言っても、当て布(もちろん伸縮性あり)を当てて、ロックミシンでかがってあるだけでしたが。

返信する
nekomaru0205

ありがとうございます。
C3FITも同じようにう無償修理あるようなんですが、買った店経由で連絡しろ、とか。
もうどこで買ったかも覚えてないくらい以前のなので、もういっかって思ってます。

返信する
くれは

 時間に追われている雰囲気がものすごく伝わってきて、読んでてハラハラしちゃいました😅。にゃんたさんの大会レポで、こんな感想抱くのめずらい気がする( *´艸)。

返信する
nekomaru0205

最近、超ウルトラ慣れしてるから、坂は歩きたいしエイドはしっかり休みたいのよ😁
とりあえず今回は前半のフルマラソンがきちんと走れたことだけで満足。

返信する
ホーリー

枯葉を踏んだつもりがその下に大きな穴。盛大に転ぶ。・・その先走れなくなるほどで無く助かりましたね(^_^;)
なにはともあれ、最強にゃんしーコンビ完踏おめでとうございます(^^♪
さすが!

返信する
nekomaru0205

「大丈夫?」って聞かれたから「大丈夫。上手に転べたから」と答えたら、それがツボに入ったのかケタケタ笑ってたのはヤツです🤣

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA