第4回赤間関街道マラニックその2

さてスタート。
明るい中、前半は一般道を通ることも多くそれほど道に迷いません。
ランナーの数が少ないので、前後すぐにバラけてきますが、問題なし。

第一エイドを過ぎて、25kmの辺りで相方にトラブル。足が攣ったようです。つったと読みます。ふくらはぎの痙攣(けいれん)です。暑いと発汗が過ぎ、ミネラルの流出を招いてこのようなことになることがあります。症状によく効く錠剤はみんな用意しているのですが、効果が出るまでには少し時間がかかります。そういう時にはしばらく休むくらいしか対処方法がありません。
大丈夫。そろそろ残りは100kmないし。

相方はその後も何度かこのような状態となり、その度に薬,挙げ句の果てに胃まで壊して苦しむこととなりました。
その状態で最後まで走り切った相方には頭が下がります。
走らせたのはお前だろうとぼくに言われてもまぁその通りです。鬼畜の所業です。
走る時は、狭いところもあるのでほぼ縦一列で走りますが、前に立ちただなるべくペースを落として走ります。

赤間関街道、萩往還や六甲縦走にくらべると山道はかなりマイナーで、とっ散らかったところをはしります。前日の夜には激しい雨も降っていたようです。
以下、全て直進。


トタンはイノシシ避けのようです。
乗り越えて走ります。
往路はこの区間まだ明るかったのですが、復路は2時頃かな。暗闇の中、2人のヘッドライトだけでこの道を通っています。


このあと秋吉台に至るガレ場(拳大以上の岩がランダムに積み重なった場所)、岩場を上ります。行きも帰りも余裕がなくて写真は撮れませんでした。
ただ往路では、上ったあと目の前に広がる秋吉台を望むことができます。

往路の終了は萩往還道の一部を越えて松陰神社の前を通った午後9時過ぎ。カレーを食べて1時間足らずの休憩後、再出発です。

次回へ続きます。

8 COMMENTS

ありちゃん

ウルトラマラソンって、道ならぬ道を走ることが多いんでしょうか?
写真のコース、ヘッドライトだけで走るにはちょっと心許ないですよね。
昼間でも蛇(マムシ??)とか出てきそうだし。

以下頂いたコメントについて。
私の場合、今の仕事に就いてから連休ってあまりないです。
基本的に日曜日はどこの会社でも休日になっていることが多いですが(最近は開局しているところもあるけれど)、暗黙の了解で土曜日は休み希望を出さないことが要求されています。
(土曜日は激しく混雑すること、学校行事等で土曜日勤務に制限のある社員が多いため)
ただ、今回転職して木曜日が固定休になったので、祝日が水曜日とか金曜日になれば連休もあり得ます。
名古屋ウィメンズマラソンのように「前日までに受け付け、ナンバーカード受取り」みたいな大会に出るときは、頭を下げて土曜日に希望休を入れるしかありません(>_<)

返信する
nekomaru0205

普通のウルトラマラソンは一般道だけですね。野辺山は一部不整地区間もあるけど、普通に走れるところだしね。
この大会と萩往還関連は旧道を通るので特別です。
ま、ウルトラはウルトラでもウルトラトレイルならこういうのは普通だろうけどね。😁
お仕事、必要とされてるから休めないんだよね。
大変だろうけど、頑張って。

返信する

マラニック=マラソン+ピクニックとのことですが、すごい道を走るんですね(>_<)
ピクニックの可愛いイメージはどこにもない…。
そして、相方さんのトラブル!
心配するともに、自分までとっても心細くなりそうです。

返信する
nekomaru0205

ははは。あまりピクニックの要素はなかったですねー。
高杉晋作と吉田松陰が仲良くここでバーベキューしてたとも想像できないし😅

相方のトラブル、それからはあまり無茶はさせないようにしているのですが、きちんとした理由で判断できているわけでもなく、
今は無事終わってくれて良かったと心の底から思っています。
相方に感謝です。

返信する
samako

よくもまぁ
こんなガレガレでとっ散らかったトレイルを無事に帰って来たよね。しかも夜中に。ひとりで通るのなんて絶対嫌だね〜。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA