認知シャッフル睡眠法

眠れない時どうしますか。
ぼくは今まではベッドを諦めてハンモックで揺られてみるという手段がまぁうまくいくこともある、くらいしか対処方法がありませんでした(睡眠薬、処方してもらっているのだけどあまり使いたくない)
最近なにかの本で読んで試して、あ、いいんじゃない?って思ってるのが認知シャッフル睡眠法。
本来はアルファベット順に次々と単語を連想する、また連想した単語の状況を想像するといったような方法なのだけど、YouTubeでその理論に準じて10秒ごとにランダムに単語を読み上げるのでその状況を次々と想像していくうちに寝落ちさせると言ったサイトがいくつもあります。大体1本1時間で流しっぱなしにしている間に眠ることができる、と(中には1本9時間という大作もあるようですが)。
声も、男声だったり女声だったりささやくように読み上げてみたり。
これ、結構有効で最近はよくお世話になってます。

ただ今日に限っては、男声1時間、女声1時間ぶっ続けで聞いてもまるで眠れず結局朝を迎えたので走ることにしました。

スタート5時。取り敢えず西へ。まだ真っ暗、最近夜明けが遅くなる一方です。


5時半、振り向くと徐々に明るくなり始めます。


6時過ぎ、夜明け。摩耶大橋の下からお日様が顔を覗かせます。


6時半。顔を出した太陽から光の道が延びます。


そして、7時前には完全に朝。梅よろし、好きです。
ということで、おうち帰って16kmでした。
今晩は眠れるといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA