KINDLEとKINDLE UNLIMITEDのススメ

今日は走りません。

さて、お仕事をやめた時に一切合切の本を捨てました。

単行本も文庫も専門書もコミックスも雑誌もぜーんぶ。

スペースがずいぶん広くなりました。これでもう本棚のお掃除も必要ありません。

すっきりです。

ただ昔からの活字中毒。活字が無いと眠れません。そのために用意したのがKINDLEです。

この筐体でかなりの量が入ります。8Gで小説4,000冊分。(本の虫さん用には32Gも用意されています)

当分間に合いそうです。

かなりのジャンル、作者の書籍がカヴァーされているので読みたい本がその場で調達できます。お値段も紙の書籍より割引されていることが多いです。どう言うわけか畠中恵の本が入っていなかったのが最大の不満だったのですが、最近ラインナップされたので喜んで「しゃばけ」シリーズを読み直しています。

KINDLEにはいくつか種類があって、容量の他に防水かどうか、広告付きかどうかを選択することができますが僕のは防水、広告付き。広告付きとはいえ立ち上げた時に新刊の広告が1画面出るだけなので、これで2,000円引きは大きい。それより防水。これを選ぶと高くなるのですが、なんといってもこれでお風呂に持ち込めるようになります。お湯に浸かって本を読めることの幸せよ。半身浴も苦になりません。

実は1台目、2台めまでは防水じゃないのを買ってしまっていたので、いずれもお湯に落として使えなくなるという悲しい経験をしたことがあります。

さらに便利なのがスマホにソフトがインストールできること。KINDLEを持ち歩かなくても、出先ではスマホで読書。どこまで読んだかはソフトの方で管理してくれているので、同じところを読む必要はありません(読みたきゃ読んでもいいんだけど😅)

さてKINDLE、読みたい本がすぐに買えると言った反面、手当たり次第に買い込んじゃうとやっぱりお財布にダメージがあります。

そんな時に役に立つのがKINDLE UNLIMITED。月額980円のサブスクリプションであらかじめ用意された本が無料で読めます。読みたかった本があればラッキー、そうじゃなくても新しいジャンルにチャレンジすることができます。

「ラノベ」って知ってますか?ライトノベルの略だそうです。軽めの小説。

今まで買ったこともなかった類のものですが見事にハマってしまいました。

気に入ったもののベスト5(順不同)ーシリーズ全巻がUNLIMITEDじゃないやつもあるけど

薬屋の独り言

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

本好きの下剋上

理想のヒモ生活

この素晴らしい世界に祝福を

穏やか貴族の休暇のススメ

よろしければ皆様をお楽しみくださいませ。あ、5じゃない😅

KINDLEって目にも優しいそうですから、たくさん読んで大丈夫。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA