いわて銀河ウルトラマラソン

スタートは4時。
会場に着いたのは3時前くらいかな。
出走を申告してからその辺で転がってボーっとする。
…(かなり長めにボーっとしている)
3時40分頃にはゲート前へ。
すでに前に並んでいる人を見ると、かなり気合が入っているようなので、気後れして少し後ろへ。
真ん中の真ん中あたりかな。
スタート前のスピーチは吉本の花子師匠。さすがにうまい。
聞き惚れていると、ガーミンの起動忘れた。
何とか直前に衛星を捕捉し、スタートには間に合った。
さて走る。多分今までで一番の良い気候。寒くもなく暑すぎもしない。当初は、PBがでたら、いやーこまっちゃうな(^^;くらいの気持ちだった。
10kmをすぎて突然の腹痛。次のエイドでお手洗いに並ぶ。
走る。まだおさまらない。次のエイドでも並ぶ。
ここで一旦腹痛はおさまった。はしる。名物の坂。高低表で見るほどにはきつさは感じない。ただダラダラとボディブローのように続く。歩かない。
50kmくらい。またも腹痛。エイドでお手洗いへ。その次は工事の人の簡易トイレを借りた。次のエイドでもお手洗い。
ほぼ心が折れる。走ってても全然気持ち良くない。走りきれる気もしてこない。でもって、毎回お手洗いに並ぶのもやだ。
69.4㎞。お手洗いに行ってからリタイアを宣言。
DNFってやってみたらどんな気持ちになるか試してみたい気持ちもあったのだけど、ま、やっぱりそれほど気分の良いのではないな。次からはしないことにしよう。
会場に戻ってお食事接待。ホルモン炒めはいらないけど銀河鍋だけは食べたかったの。おなか痛くても食べるの(^^)
肉団子入ってるのだけど、お給仕のおばさんにいったら抜いてくれた。おばさんありがと。おいしいけどおなか痛い。
もいちどお手洗いへ。
後はバスで盛岡まで行って新幹線で帰宅。
ぐっすり寝たらおなかがすいてました。
教訓:なめてはいけません。次はがんばろ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA