丹後ウルトラマラソン

4:30スタート。暗がりの中すぐに七竜峠。暗くてよくみえない。。
ところどころにスタッフが止めていてくれる、車のライトだけが頼り。でも涼しいうちに何とか前に進んでおきたい。
当日の天気予報は最高気温32度、湿度90%、降水確率0%。
夜明けはほぼ5時半ころか。関東に比べるとかなり遅い気がする。日本は広い。
七竜峠を超えて久美浜を回ると、もう一度七竜峠。なんでやねん(^^)
でも行きっぱなしでは戻れないので、仕方ない。
2回目の七竜峠はことのほかきつい。通りすがりのお兄さんが坂の上にあるエイドを見て、「あれがゴールだとしても全力疾走できないです」
おにいさん、メインディッシュはまだ先だって。
ここまでで約40km。途中「味わいの里」というジャブの様な嫌がらせがあったのち、メインディッシュの碇高原。太陽は既に本気モード全開。
前日同宿だった人が、完走するつもりならあそこは走らない勇気を持つべきですと、教えてくれた。
ありがたく勇気を見せる(^^)
いつまでたっても終わらない。それより高温と陽射しがきつい。
ゾンビのようにエイドにたどりつくと、頭から水を浴びる。
あびすぎて背中のゼッケンちぎれちゃった。
20kmかけて400m上った後は、至福のくだり。10km下りっぱなし。あんまり気持ちがよいので、毎回楽しみにしてたエイドもひとつすっとばかす。やったあ、あと20kmだぁと思ったら、なんだか続く上り。えー、そんなの高低表に無かったのに、と思ったけど縮尺の問題だったのね。
既に歩いてはいけないという条項は撤廃しているので、へろへろと歩いて走って。
80kmの写真ポイントでは、記念に歩いて撮ってもらいました。
95kmのエイドで、椅子が手招きをするのでついふらふらと座る。軽く意識が飛ぶ。後で時計見たら、この1kmで25分かけてた(^^)
あとは、全力でーゴール。
ガーミン見たら102.5km。走りすぎだって(^^)

記録:12:25:38

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA