チャレンジ富士五湖

午前5時。
集合前の荷物預けに手間取ってしまったので出発はほぼ最後列。
ウルトラTGNの皆さん総勢11名(ぼく含む)と、気合を入れてスタート。
走ってそうそうはぐれる(^^;
外はもうほぼ明るい。
朝のさわやかな風が気持ち良い。

坂を下る。ほぼコースの予習をしてこなかったぼくだけど、最初山中湖に向かってるのは知ってる。
坂を下りきり、走り続けると左手に立ち止まって写真を撮っている人が。
富士だ。真っ白い富士。雪の白さではなく白いシルエットの富士。
造形美という言葉が頭に浮かぶ。

走る。山中湖。
白鳥がこちらを向いて不思議そう。
お騒がせ様とつぶやいて山中湖一周。
湖から、路線沿いに戻り少し殺風景な風景。
いくつかの信号。ことごとく止まる。
心がけが良いせい(^^)

エイド途中にあったっけな。
普段は食べ物はいただかないけど、今回は食べると決めてた。
クリームパン美味しい。甘納豆美味しい。チョコ美味しい。きのこの山美味しい。
自分の息遣いと前の人の足運びを数えながら走る。
見えてきたのは富士急ハイランド。開演前の骨組みのようなレール。颯爽としてる。
立て看板があった。新アトラクション「高飛車」。興味はあるけどまた今度ね。
距離はやがてフルマラソン。

河口湖。ここは昔遊びに来て泊まったことがある。
でも自分の足で走って通り抜けるなんて、考えたこともなかった。
こんなに美しいところだってことも忘れてた。

西湖。名前にあまり覚えがない。地味だけど、美しい。神秘的な感じもする。
ウルトラの距離を示すたて看板のしたに書かれているメッセージ。
「西湖サイコー」少し、イラッとする(^^)

このあたりから、折り返してくるランナーを少しずつ見かけるようになる。
とはいえ、事前学習のないぼくは折り返してくるランナーを最初は、「あ、迷子」
っておもってた。

おうどんをいただいたのは西湖を出たあたり。腰のあるしっかりしたおうどんでした。
さぬきうどんとの関連に思いをはせます(^^)
折り返すランナーとの出会いが少し多くなり、彼らはあと25kmです、と言葉をかけてもらっている。
とてもうらやましく思う。
このあたり、上り坂下り坂と続くが、下り坂は折り返して上ること考えると、少し辛くなる。

すこし落ち込み始めたころ、リーダーなつひとさんと出会う。やっぱり速い。すれ違いざまハイタッチ。
気を持ち直して走る。ものは考えない。ただ時折風景に目をやった時に、相変わらず美しく広がっている湖が心をいやしてくれる。

精進湖を抜け、本栖湖にタッチ。そして折り返し。70kmを越える。どうゆうわけが気がすっと軽くなるのを感じる。
後は帰るだけ。人も少ない。気分はみちのく一人旅(違)
きりさん、Nancy、こおちゃんさん、にいさんとすれ違い、さらに力がみなぎるのを感じる。

ひとりじゃないって素敵なことね。天地真理はいいことをいった。
西湖をぬけて河口湖。誰もぼくを止められない。
そして坂。ぼくは歩かない。
決めていること。だって歩くとゴールが遠くなる。
やがて競技場へ。名前を呼んでくれる。にゃんたさん(仮名)
ゴールが見える。ここから全力。
ぼくはこのために走ってきた。
そして…
ゴール。

記録:11:02:12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA