坂道嗜好性症候群

坂道嗜好性症候群は坂道や階段を見るとついふらふらとそちらに寄ってしまう恐ろしい病で、挑戦心向精神症(いわゆるチャレンジャースピリッツ)の一種とされる。その方向性により上り坂を好む上り派、下り坂を好む下り派に大別され上り派についてはそのM気質の強さから危険度がさらに上がることが認められている。
46の諸症状が確認されていることから欅坂46との類似性が指摘されていたがボーカルの交代に伴い櫻坂46となっても画数が変わらないため、欅坂角を曲がると櫻坂ということが通説とされている。

ということで、今日はあまり走る気はなかったのだけれど、まあ図書館にでも行こうかなと思って800mほど先の図書館に走って向かったところ、つい通り過ぎてしまい引き返そうと思ったところで、この標識を見たものだから、ついつい誘われて上に上がってしまった坂道嗜好性症候群上り派の軽度被患者でした。

ちなみに8%の上り坂とは100m水平に移動すると8m上ることを意味しており、その角度は三角関数のタンジェントを使って求めると角度θは4.5739…
およそ4.6度となります。
角度的には大したこともないようにみえますが、数値的にはあのベタ踏み坂より上なのよね。(島根側6.1%、鳥取側5.1%)

山には入らないつもりだったけど、ついついショートカットのため山道へ。ここから登ると六甲山でも危険度の高い西山谷ルートということになってしまうので、友達のいないぼくは近づかないようにしてる。

無事に下っておやつタイム。今日も図書館には行けなかった💦

11km

 

12 COMMENTS

くれは

 サインコサインタンジェント★。
 図書館に行く気はなかったでしょ😝。

返信する
よはねす

欅坂46はほとんど知らないはずなのに、この考察がミョーにはまってしまい腹筋がつりそう。あたしは坂道だめなんですが、図書館への道がほんんのり上り坂で仕方なく。傾斜1%ぐらいかな。ほぼ毎日上っておりますよ。

返信する
nekomaru0205

恐れ入ります。
図書館で坂…ふと懐かしくて国会図書館ググってみたら国会図書館の食堂が営業終了したとか。
国会丼とか図書館カレーが有名だったとこ。一時期ちょっとお仕事関係で国会図書館にはよく行っていたので。

返信する
よはねす

丼に、カレー、素敵!残念!敬遠せず行っておけばよかった。そういう使い方もあったんですねえ図書館て。図書館好きって、もう言わない(笑)

返信する
samako

やっぱり坂好きだったのですね。
なんとなく、なんとなく
そんな気はしていたのですけれど。
私は上りも下りも嫌いです😏

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA